機内に持ち込める荷物のサイズ

海外旅行 トランクケース おすすめ
Pocket

飛行機に乗る際には、荷物にいろいろと制限がかかります。
機内に持ち込める大きさが決まっていますし、無料で預けられるサイズも制限されています。
たとえば、現在国内線機内に持ち込める荷物の大きさは3辺の合計が115cm以内で、かつ3辺の内訳が55cm以内×40cm以内×25cm以内でなければなりません。
また、重量は10kgまでとなっています。
これからトランクケースを購入予定の人は、覚えておかないと失敗するので要注意です。
また、離島路線などの小さめの航空機になると、さらに小さなサイズにする必要があります。
3辺の合計が100cm以内で、かつ3辺の内訳が45cm以内×35cm以内×20cm以内、重量は同じく10kgまでです。
海外旅行へ行く際に乗る国際線では、3辺の合計が115cm以内というのが一般的です。
重量は航空会社によって幅があります。
そのため、最近販売されているトランクケースは、それに合わせて115cm以内で作られているものも多くみられます。
さらに、搭乗するクラスや航空会社によって異なることもあるので、事前に詳細について確認しておくことをおすすめします。
また、海外旅行へ行く際に、無料で預けられる荷物のサイズも航空会社によって異なります。
たとえば、全日空(ANA)の場合は3辺の和が158cm以内、日本航空(JAL)では203cm以内と決められています。
こちらも渡航先によって異なるケースがあります。
そのため、荷物はすべて預けず自分の手元に置きたい人や、無用な支払いをしたくない人におすすめのトランクケースは、こうした規定におさまるサイズのものということになります。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL